So-net無料ブログ作成

有村架純のお薦め映画 part-4 [芸能]

有村架純のお薦め映画 part-4
有村架純4-2.jpeg

駅までの道をおしえて


劇場公開日 2019年10月18日
キャスト:新津ちせ,有村架純(声),坂井真紀,滝藤賢一,羽田美智子
主人公・サヤカ(ちせちゃん)は、愛犬ルーを亡くしたことを受け入れられず、いつまでもルーの帰りを待っている少女。ある日サヤカは、幼い息子を亡くした経験を持つ老人フセコウタローが出会う。2人は絆を育み、互いに胸に抱えた“命の喪失感”を、温かい思い出に変えていく。
★物語の始まりを告げる、大人になったサヤカのモノローグを担当する有村。「モノローグでの出演は本作が初めてですが、いつもより客観的に役を見て演じることができたと思っています」と振り返り、「私も小学生の時にチワワを飼っていたのでサヤカとルーのような、犬と人の心が通じ合う特別な関係に共感することができました」と思いを明かす。
さらに有村は、作品の魅力を「サヤカとフセさんとの関係」だと語り、「大切に思っていた存在を亡くした2人が必然的に出会って分かり合う、見えない何かで繋がっている。見た目は孫とおじいちゃんみたいですが、年齢は関係なく同じ人間としてそこにいる感じがとても素敵でした。誰もがいずれ大切な人を亡くす、今を後悔しないように生きてほしいなと思いました」と力強くメッセージを残した。

ドラゴンクエスト ユア・ストーリー


劇場公開日 2019年8月2日
キャスト(声の出演):佐藤健,有村架純,波瑠,坂口健太郎,山田孝之
少年リュカはゲマ率いる魔物たちに連れ去られた母マーサを取り戻すため、父パパスと旅を続けていた。しかし、道中での魔物たちとの激闘により、パパスはリュカの目の前で非業の死を遂げてしまう。それから10年後、故郷に戻ったリュカは「天空のつるぎと勇者を探し出せば、母を救うことができる」と書かれた父の日記を発見。パパスの遺志を受け継ぎ、冒険へと旅立つ。次々と立ちはだかる試練の数々、ビアンカとフローラをめぐる究極の選択など、リュカの壮大な冒険が描かれる。

plofil
有村架純(アリムラカスミ)

生年月日:1993年2月13日 (26歳)
身長:160 cm
出身地:伊丹市
血液型 B型
職業 女優
ジャンル 映画、テレビドラマ
活動期間 2010年 -
著名な家族 有村藍里(姉)
事務所 フラーム
2018年度
第16回クラリーノ美脚大賞(20代部門)
第47回ベストドレッサー賞(芸能部門)

写真GMO


スポンサーリンク



nice!(108)  コメント(0) 

nice! 108

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。