So-net無料ブログ作成

藤原竜也のお薦め映画 [芸能]

藤原竜也のお薦め映画3連発
藤原竜也.jpeg

太陽は動かない


劇場公開日 2020年5月
キャスト:藤原竜也,竹内涼真
世界を股にかけながら国政や企業の裏で暗躍する、産業スパイ組織「AN通信」の諜報員・鷹野一彦(藤原)と相棒・田岡亮一は、太陽光エネルギー開発に関する情報争奪戦の中にいた。世界各国が奪い合うその革新的技術には、日本政財界を揺るがす巨大な陰謀が隠されており、鷹野は商売敵の韓国人スパイ、デビッド・キムや謎の女AYAKO、そして各国の権力者らと対峙していく。
★羽住監督は、初タッグとなる藤原について「大胆さと繊細さを兼ね備え、男から見ても色気を感じる藤原竜也さんが創り出す鷹野一彦という男に会うのが今から楽しみで、その表情、肉体、ほとばしる汗までも逃すことなくスクリーンに焼き付けたいと思っています!」と語る。

カイジ ファイナルゲーム


劇場公開日 2020年1月10日
キャスト:藤原竜也,福士蒼汰,関水渚,新田真剣佑,吉田鋼太郎
シリーズ最終章となる今作は、福本氏が完全オリジナルストーリーを創出。「バベルの塔」「最後の審判」「ドリームジャンプ」「ゴールドジャンケン」という4つのゲームが登場し、カイジが一世一代の大博打に打って出る。福本氏は「実はこの脚本は、ほぼほぼ4年ほど前に出来ていた。が、そこから、なかなか、前に進めず…。でも、待てば海路の日和あり、ついにこの度、公開決定となりました。
★博打に魅入られたダメ人間・カイジに3度扮するは、映画・ドラマ・舞台と幅広く活躍する藤原だ。「日常ではなかなか経験できない世界を描いていて、日頃抱えている社会に対する思いなどを代弁者のようにスッキリ見せてくれるのが『カイジ』。今回も原作の福本さんの世界観を見事に表現してくれていて、度肝を抜かれました」と明かし、「一般的なレベルの温度での芝居をしていたら『カイジ』の世界では通用しないので、脳みそが疲れて大変でしたが(笑)、新キャストの方々のいろんな才能と交われたのが非常に面白かったです。

人間失格 太宰治と3人の女たち


劇場公開日 2019年9月13日
キャスト:小栗旬,宮沢りえ,沢尻エリカ,二階堂ふみ,成田凌,千葉雄大,瀬戸康史,高良健吾,藤原竜也
身重の妻・美知子と2人の子どもがいながら、弟子でもある作家志望の静子と未亡人の富栄という2人の愛人との関係を続ける作家・太宰治。乱れた女性関係のみならず、自殺未遂を繰り返すという自堕落な生活を送る太宰は、裏切られながらも献身的に太宰を支える妻の叱咤激励を受け、小説「人間失格」の執筆へと駆り立てられていく。
★“3人の女”に寄り添う太宰の表情が、各々の関係性によって全く異なるのも注目すべきポイントだ。今回披露された写真同様、本編でも“3人の女”の感情が寄り集まり、太宰の全体像が露わになっていく。太宰に振り回されているように見えるようで、実は自分の意志で力強く生きている女性たちを、日本を代表する女優陣がどのように“魅せてくれる”のか期待が高まる。

plofil
藤原竜也(フジワラタツヤ)

生年月日:1982年5月15日 (37歳)
身長:178 cm
出身地:秩父市
血液型 A型
職業 俳優
ジャンル 舞台・映画・テレビドラマ・ナレーション
活動期間 1997年 -
配偶者 既婚
事務所 ホリプロ
秩父市立秩父第二中学校卒業。堀越高等学校中退。
2013年に、一般女性との結婚を発表。妻との初デート場所は、京都の鴨川だった。
第18回 日本映画プロフェッショナル大賞 主演男優賞(2009年、『カメレオン』)
第37回 放送文化基金賞 演技賞(2011年、『遺恨あり 明治十三年 最後の仇討』)
第41回日本アカデミー賞 優秀主演男優賞(2018年、『22年目の告白 -私が殺人犯です-』)

写真GMO


スポンサーリンク



nice!(116)  コメント(0) 

nice! 116

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。